雲が描いた月明かり

雲が描いた月明かりキャスト相関図画像!パクボゴム×ジニョン他俳優の役柄を解説

この記事では、韓国ドラマ「雲が描いた月明かり」のキャスト相関図・出演者登場人物をご紹介していきます!

新韓流トップスター、パク・ボゴム

天才子役から大人の女性に変身したキム・ユジョン

その他、元B1A4ジニョン、「ロボットじゃない」のチェ・スビンら旬のスター多数出演!!!

ツンデレ王子と美しい男装女子が繰り広げるシンデレラ・ラブコメディー♡

この記事では、「雲が描いた月明かり」のドラマを彩るキャストに迫っていきたいと思います♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「雲が描いた月明かり」の相関図と出演キャスト一覧!

まずはキャスト相関図を見ておさらいしていきましょう!

引用:https://twitter.com/iriya0452/status/1011621795181367296?s=20

ん~どこを見ても美男美女。

さすがビジュアル最強ドラマ。

それではメインキャストを一人ずつご紹介していきます♪

ホン・ラオン/ホン・サムノム(キム・ユジョン)

引用:https://www.instagram.com/p/B8qw_86nhPA/?utm_source=ig_web_copy_link
引用:https://www.instagram.com/p/B4r8iN3pJGV/?utm_source=ig_web_copy_link

朝鮮初の恋愛専門カウンセラー。

そして朝鮮唯一の男装女子内官!!!・・・になるまでラオンは寂しくても悲しくても泣く暇なんてありませんでした。

暖かく包み込んでくれる両親も、帰る家も、お金もなかったのです。

小説を売ったり、人の恋の悩みを聞いて生計を立てる日々。

貧しい暮らしでしたが、彼女の人の良さは周りの人に信頼されていました。

そんな中ひょんなことから出会った男性ヨンと一緒に落とし穴へ落ちてしまいます。

ヨンに肩車してもらって脱出したラオンは、ヨンを見捨ててその場を去ってしまいます。

もう会わないと思っていたヨンが、まさかのラオンが受けに行った内官試験の会場に??しかも試験を受ける側ではなく、監督する側なんて・・・ラオンピンチ!

プロフィール

名前:キム・ユジョン(김유정)

生年月日:1999年9月22日生まれ

デビュー:2004年にデビューした天才子役

主な出演ドラマ:「イルジメ」「カインとアベル」「善徳女王」「タムナ」「トンイ」「階伯」「太陽を抱く月」「まず熱く掃除せよ」

主な出演映画:「親切なクムジャさん」「ファン・ジニ」「仮面」「チェイサー」「TSUNAMI」

天才子役から大人の女性に見事な変身を遂げたキム・ユジョン!

私が初めて見たのは「太陽を抱く月」でした。

主人公ヨヌの子ども時代役で、宮廷で世子と出会い惹かれあっていく幼い2人の初恋の様子はかわいくてさわやかでとっても甘酸っぱい気持ちになりました。

そんな純粋なヨヌの役もとってもよく似合っていたのですが、私がユジョンちゃんの演技力に驚いたのはその後!

ヨヌは宮中の権力争いに巻き込まれて呪いをかけられ、日に日に弱っていきます。

謎の病にかかったことでヨヌと世子は離れ離れになってしまい、そのときの2人の切ない表情とヨヌが静かに流す涙は大人たちにもまさる存在感を放っていました。

実は私はユジョンちゃんと同い年なので、当時、今の自分にこんな切ない表情ができるのかと言われると、そんな胸が張り裂けるほどの切ない気持ちは想像もできませんでした。

なのでどれだけユジョンちゃんの演技力がすごいのかということを身をもって思い知らされましたね・・・。

そんなユジョンちゃんがいつのまにかとってもキレイな大人の女性に!

引用:https://www.instagram.com/p/B2J2apzH__T/?utm_source=ig_web_copy_link

昔の面影を残しながらも成熟した美しい女性で、スタイルも抜群!

ほんっとうにキレイです♡

ユジョンちゃんはいつまでも私の憧れの存在です!

ヨン(パク・ボゴム)

引用:https://www.instagram.com/p/B751o5rphI1/?utm_source=ig_web_copy_link

聡明で美しい世子。

没落していく朝鮮の最後の希望!・・・のはずでした。

幼いころから学問を楽しみ、好奇心旺盛で危ないことにもチャレンジしていくことに迷いもなく、聖君になる準備はもうすでに整っていたはずなのです。

しかし彼はいつからか変わってしまったのです。

ある日内官の試験で、自分を穴に置き去りにしていった者を見つけます。

いたずら心旺盛なヨンはそーっと彼に近づいて答えを教えたりして試験に合格させ、自分の住む東宮の内官にさせます。

お互い自分の本当の姿を隠したまま宮廷で再会した2人・・・ラオンの反応が面白くてついついいじめたくなっちゃうヨンでしたが、2人の気持ちは徐々に変化していきます・・・♡

プロフィール

名前:パク・ボゴム(박보검)

生年月日:1993年6月16日

身長:182㎝

2019年歌手デビュー!

主な出演作品:「ワンダフルラブ」「君を覚えている」「応答せよ1988」「ボーイフレンド

今、1番売れに売れている若手俳優といえば!パク・ボゴムですね☆

私も大好きです!

「応答せよ1988」のテク役がとっても彼にはまり役で大ブレイク!!

このドラマ自体が登場人物全員とっても心優しい人たちばかりで、家族や友達との関係、初恋、、、など誰もが共感できるいろんな愛の形を見せてくれる今までで1番感動して泣いた大好きなドラマなんです。

その中でも1番純粋で、自分のことより身の回りの人たちの幸せのために動けるのがボゴム演じるテクでした!

人柄の良さで有名なボゴムとテクには似ている部分がたくさんあったのでしょう。

テクが泣くシーンじゃないのに感動して涙が止まらなくなったり、ドラマのメンバーで旅行に行くバラエティー番組のときも家族のことを思い出して涙したり、その姿に見ているこっちが感動して涙があふれました。

最新作の「ボーイフレンド」も、まさにボゴム本人の性格そのままのような役でとってもオススメです!

「応答せよ1988」出演以来、演技大賞で新人賞、人気賞、アジア賞、ベストカップル賞など数々の賞を受賞し、さらにソン・ジュンギさんなどその年に韓国を代表する俳優さんが務めるMAMAのメインアンバサダーにも2年連続で就任しています。

まさに今、韓国で1番勢いのある俳優さんですね☆☆☆

キム・ユンソン(ジニョン)

引用:https://www.instagram.com/p/B8I5j23hrQS/?utm_source=ig_web_copy_link

気品・博識・余裕、、、すべてを兼ね備え、一言で表すなら高貴。

名家の御曹司の極みのような男。

朝鮮王朝で絶対的な権力を持つ領議政の唯一の弱点であり、たった一人の孫息子。

そんな彼は優しげなルックスで女性にも大人気!

ユンソンは初めてラオンと会った瞬間から、その体型などで女性だと気づいていました

それからというもの、ラオンのピンチのときは必ずユンソンがヒーローのように現れるのです。

プロフィール

名前:ジニョン(진영)

生年月日:1991年11月18日

身長:178cm

B1A4の元リーダー

2019年6月20日に入隊し、2021年4月9日に除隊予定です。

入隊してしまってしばらく見ていないジニョン

はやく帰ってきてほしいですね!!

私の中では完全にB1A4のジニョンなんですけれど、グループを脱退してからは俳優さんとして活躍している姿を見るのが楽しみです。

昔、本気でB1A4にハマっていた時期があって、B1A4の曲はほとんどジニョンが作っているんです!

歌もダンスも上手で楽器も弾けて曲も作れて、リーダーとしてみんなのこともまとめてきたジニョン。最近では演技まで上手だなんて非の打ち所がないですよね、全く♡

キム・ビョンヨン(クァク・ドンヨン)

引用:https://www.instagram.com/p/BLqmY_6gWdT/?utm_source=ig_web_copy_link

東宮殿の護衛雲剣。

ヨンが唯一、心を許せる相手で、常に1番近いところでヨンを護衛しています。

素晴らしい剣の使い手で、力強く、素早く、優秀。

ビョンヨンもまた、世子と護衛という関係性を超えて友としてヨンのために命を捨てられると思っています。

初めは突然転がり込んできたラオンのことが信用できず気に入らない様子・・・。

プロフィール

名前:クァク・ドンヨン(곽동연)

生年月日:1997年3月19日

身長:178cm

主な出演作品:「棚ぼたのあなた」「感激時代」「私のIDは江南美人

子役時代から演技一筋だと思っていたのですが、もともと歌手志望でFTISLANDやAOAが所属するFNCの練習生になったそうです!

そして15歳で「棚ぼたあなた」で子役デビュー☆

覚えてますよ!ちょっとおバカちゃんな息子役ですよね。

その次に印象に残っているのは「感激時代」です。

結構激しいドラマで、子供時代を演じていたといってもアクションシーンや撮影が大変なシーンもあったと思うのですが、彼特有の目力と運動神経の良さで完璧に演じ切り、存在感を残しました。

そんな子役だったクァク・ドンヨンが大人の俳優の仲間入りし、一気に人気俳優に上り詰めたのがこの「雲が描いた月明かり」だったんですね~

この寡黙な感じがクールでカッコいいし、いざという時は守ってくれるその強さにキュンとしますね♡

チョ・ハヨン(チェ・スビン)

引用:https://www.instagram.com/p/BeePHakFUW8/

 

礼曹判書の娘で、雪のように真っ白な肌と、赤の唇、漆のように真っ黒な髪に、氷のような冷静で傲慢な性格が加わり、男たちから”白雪姫”と呼ばれる。

これまで男にまるで興味ないという感じでしたが、父について宮廷に来た時に世子に一目惚れします♡

どんどん惹かれていく気持ち・・・1番ヨンをよく知っていそうなラオンに相談することにしますが・・・

プロフィール

名前:チェ・スビン(채수빈)

生年月日:1994年7月19日

身長:167cm

体重:47㎏

元CM女優出身

主な出演作品:「青い鳥の輪舞」「最強配達人」「ロボットじゃない」「キツネ嫁星」

とってもかわいいライジングスター★チェ・スビン!

私は「ロボットじゃない」が初めましてだったんですけど、こんな純粋でかわいらしい女優さんがいるんだ!ってビックリしました。

その時は人間とアンドロイドの一人二役で演じられていましたが、本当にまるでお人形さんいたい♡

ユ・スンウさんとの掛け合いもぴったりの掛け合いも見どころたっぷりでフレッシュなきゅんきゅんを届けてくれました!

今回のドラマでは、世子に一目ぼれしちゃう役なんです♡

でもドラマ的には、ラオン♡ヨンなわけで、邪魔者なわけですよね・・・

そんな”邪魔”だなんて言葉言えないくらい、思わず上手く行って欲しいって応援したくなっちゃうくらい、今回もとってもかわいいスビンちゃんが見れます♪

もちろんかわいいだけじゃなくて、ところどころに見せる切ない表情と、ここからスビンちゃんがヨンと結ばれたいがためにラオンを陥れようとする悪者に変身してしまうのか?注目していてください!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「雲が描いた月明かり」のキャスト&相関図にSNSの反応は?

こんなフレッシュなキャストにあふれた「雲が描いた月明かり」♪

みなさんはどのキャストが気になりますか??

そうなんです、結局そうなんですよ。

誰か一人だんて選べないんです♡♡

みんなカッコよすぎるし、みんな可愛すぎる・・・。

ストーリーも後半にかけてどんどん加速していって、ドラマの世界に引き込まれて行きます。

ルックスだけじゃ決してない、韓国芸能界次世代スターたちの真骨頂ですね☆

このちょこちょこ出てくるオフショットがとっても魅力的なんです。

ここに載っている写真以外にも、各俳優さんのSNSを見てもらったらたくさんあるのですが、同世代の俳優さん同士で気が合うのでしょうね。

ボゴムとユジョンちゃんがこんなに密着ショットをあげちゃえるなんて、撮影現場には常に2人のハッピーオーラとハートが飛び交っているのでしょう♡♡

ユジョンも明るく人懐っこい性格ですし、ボゴムも世話好きで性格の良さはとても有名です。

撮影が終わっても、年末演技大賞で再会したときとか1周年とか、何かにつけて集まって写真をあげてくれるのはファンからしたらとってもとっても嬉しい贈り物ですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「雲が描いた月明かり」の見どころをズバリ紹介!

それでは最後に、物語のキーポイントとなるオススメシーンを紹介したいと思います♪

出会い~ラオン♡ヨン~

人気恋愛カウンセラーのラオンは依頼人の代わりに恋文の相手に会うことに。

ヨンは妹が恋文を交わしている奴を確かめようと代わりに街へ出てきました。

ヨンはき口の悪い食堂のおばちゃんやラオンの汚い食べ方が、妹の相手として大変気に入らない様子。

「家に案内しろ」というヨンをサムノムは、以前自分が落とされそうになった落とし穴へ落としてやろうと企てて連れていきます。

しかし!落ちる瞬間、ヨンはラオンの足を掴み2人は一緒に穴の底へ!!

誰も助けに来ないような森の中・・・ラオンは私が先に出て引き上げますとヨンを説得し、ヨンの肩に乗って外へ。

そしてそのまま逃げていきました!

まさか自分が穴においてきた人ともう一度会うなんて夢にも思っていないラオン。

しかし、数日後ラオンが受けに行った内官の試験会場にヨンの姿が!

しかも自分にも気づいてしまった!!!

どうする、ラオン?!

出会い~ラオン♡ユンソン~

人相書きのところに書いてある罪人の絵をみていたユンソン。

するとそこに全くそっくりなラオンが通りかかります。

そこで会話する2人、、、とそこへ役所の役人が通りかかり、顔を見せろとラオンに詰め寄ります。

ラオンまたもやピンチです。

直前にばれないようにと顔にほくろを書いておいたのですが、どんどん役人はラオンに詰め寄ってきます。

もうダメだと思ったその時!ユンソンがさっとラオンを抱き寄せて、「そんなのでごまかせるとでも??」とラオンにいたずらっぽく言い、役人に自分の連れだと言ってその場から逃がしてくれたのです。

内官になるための試験中、ラオンは鶏を20匹捕まえてこいと頼まれます。

暴れまわる鶏たちをなんとか追いかけて捕まえていくラオン。

とうとう鶏を追いかけて家の屋根の上まで!

ギリギリのところでようやく捕まえた!・・・と思ったのですが、その手は空振り、ラオンの体は屋根から滑り落ちてしまいました!!

なんと屋根の下にはユンソンが。

運命のようにその場に居合わせたユンソンが、屋根から落ちてきたラオンの体をキャッチ。

もうすでに、遊び人のユンソンにはラオンの正体は言わずともばれてしまっているようです。

ラオンの初めて見せる女性の姿

少し物語は進んで・・・。

無事、東宮殿の内官になったラオンは、他国の王族が来る式典の準備で大忙し。

この式典は世子に任された大事な催しだったのです。

何から何まで世子のためにサポートしてあげようと奮闘するラオン。

しかしやはり世子を陥れようとする力はここでも動くわけです。

この式典の中の目玉である踊り子たちの舞いの1番重要なセンターが直前に姿を消してしまいました。

世子はその知らせを聞いて大慌て、一方仕組んだ方はしてやったり顔。

ラオンは世子にそんな悲しい思いはさせたくありません。

でもどこを探しても見つからない踊り子、、、とうとうラオンは意を決して思い切った行動にでます。

踊り子は見つからないまま始まってしまったステージ。

しかし、そこにはいなくなったはずのセンターの踊り子の姿が!!!実はラオンなのです。

ラオンが内官の服から女性の踊り子の衣装に着替え、顔を隠し出てきたのです、すべては世子のため。

美しいラオンの舞いに仕組んだ側もヨンも驚いた表情・・・特にヨンはその姿から目が離せません。

なくなった最愛の母の姿と重ねて一人しずかに涙を流しました。

ステージが終わった途端、誰にも見つからないように姿を消すラオン。

しかしヨンの心にはその姿が焼き付いて消えることはありませんでした。

韓国ドラマ「雲が描いた月明かり」のキャスト&相関図まとめ!

この記事では、韓国ドラマ「雲が描いた月明かり」のキャスト・登場人物についてまとめてきました!!

パク・ボゴム♡キム・ユジョンという、これからの韓国のラブロマンスドラマを担っていく存在の2人の共演。

若手俳優さんの中で今、これ以上に豪華な組み合わせは恐らくないでしょう!

期待どおり、同時間帯視聴率1位を獲得し、”クルミシンドローム”と言われるほど社会現象なりました。

この2人だけでなく、ユンソン、ビョンヨン、ハヨンのそれぞれのまっすぐな切ない心の動きにも注目してください!

共感したり学んだり、得られることが私は多かったです。