ラブ・セラピー

ラブセラピーキャストあらすじを画像付き紹介!相関図登場人物も!

この記事では、韓国ドラマ「ラブ・セラピー」のキャスト相関図、出演登場人物を画像付きでご紹介していきます!

「シティーハンター in Seoul」「秘密の森」等に出演し、どこか陰のある役を多く演じてきたイ・ジュニョクさんが、クールなエリート理学療法士イェ・ジェウク役として登場します。

イ・ジュニョクさんにとって、初の恋愛ドラマ主演作となりました!

ヒロイン役には、「九家(クガ)の書~」「ピノキオ」等のヒット作に出演し、「夜を歩く士(ソンビ)」で主役を射止めたイ・ユビさんが、仕事に恋に一生懸命な理学療法士ウ・ボヨン役として登場します。

そして、「ソロモンの偽証」「恋するレモネード」等の話題作に出演した、若手俳優のチャン・ドンユンさんが、ボヨンの同級生シン・ミノ役として登場します。

病院で働く理学療法士を描いた「ラブ・セラピー」は、いったいどんなドラマだったのでしょうか?

それではさっそく、韓国ドラマ「ラブ・セラピー」のキャスト相関図、出演登場人物見ていきましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「ラブ・セラピー」の相関図とキャスト登場人物を公開!

韓国ドラマ「ラブ・セラピー」の相関図はこちらです!

引用:
https://culture-pub.jp/apoem/#chartAnc

それでは、どんなキャストが登場するのか、詳細をご説明していきます!

イ・ユビ(ウ・ボヨン役)

引用:
https://www.instagram.com/p/BOPdB2YjZE_/

準総合病院に勤務する、3年目の理学療法士。

詩を愛し、国語国文学科への進学を望んでいたが、苦しい家計のため、就職が保障される医療大学の理学療法学科に進学した。

ジェウクに思いを寄せている。

プロフィール
  • 名前:이유비(イ・ユビ )
  • 生年月日:1990年11月22日
  • 身長:166cm
  • 血液型:B型
  • 学歴:梨花女子大学校音楽学部
主な作品
  • 「優しい男」2012年 (カン・チョコ 役)
  • 「九家の書」2013年 (パク・チョンジョ 役)
  • 「ピノキオ」2014年 (ユン・ユレ 役)
  • 「夜を歩く士(ソンビ)」2015年 (チョ・ヤンソン 役)

イ・ジュニョク(イェ・ジェウク役)

引用:
https://www.instagram.com/p/BzRg3wzJL4r/

準総合病院にスカウトされてきたエリート理学療法士。

大学病院で超高速で昇進したエリート。

無表情でクール。

必要なことだけを言い、自らの感情を制御している。

しかし、心を閉じてしまったのには、つらい事情があった。

プロフィール
  • 名前:이준혁(イ・ジュニョク )
  • 生年月日:1984年3月13日
  • 身長:181cm
  • 血液型:A型
  • 学歴:檀国大学校大衆文化芸術大学院
  • 趣味:映画鑑賞、ゲーム、映画製作
主な作品
  • 「スターの恋人」2008年 (ミン・ジャンス役)
  • 「怪しい三兄弟」2009年 (キム・イサン役)
  • 「シークレット・ガーデン」2010年 (ジュンヒョク 役)
  • 「シティーハンター」2011年 (キム・ヨンジュ 役)
  • 「秘密の森」2017年 (ソ・ドンジェ 役)

チャン・ドンユン(シン・ミノ役)

引用:
https://www.instagram.com/p/Bp1L_xIBt6V/

実習生。

ボヨンの大学の同期。

大学時代、ボヨンから告白されたがフッていた。

ポジティブな性格。

プロフィール
  • 名前:장동윤(チャン・ドンユン)
  • 生年月日:1992年7月12日
  • 身長:177cm
  • 学歴:漢陽大学校経済金融学部
  • 特技:水泳、詩を書くこと
主な作品
  • 「ソロモンの偽証」2016年 (ハン・ジフン役)
  • 「恋するレモネード」2017年 (ソン・テウィ役)
  • 「テンポガールズ」2018年 (クォン・スンチャン 役)
スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「ラブ・セラピー」のキャスト&相関図の感想もチェック!

「ラブ・セラピー」のキャスト配置について、SNSではどんな反応があるのか調べてみました!

ジュニョクさん、安定のカッコよさですね!!

恋愛もの初主演というのがちょっとビックリしました。

チャン・ドンユンさん、ゆで卵のようなツルンとした白くて美しい肌ですね♪

イ・ジュニョクさん演じるジェウクはエリートで、最初は冷たい感じでしたが、徐々に心を開いていきました!

脇役のキャスティングも、盛り上げてくれましたね!

イ・ユビさん、芸能一家としても有名ですね!

「花郎(ファラン)」「黄金の私の人生」に出演したイ・ダインさんの姉であり、

なんと、お母さまはあの「チャングムの誓い」でチェ尚宮を演じた大女優キョン・ミリさんとう、なんとも華やかな美女家系ですね!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「ラブ・セラピー」の見どころをズバリ!

それでは、私の独断と偏見で「ラブ・セラピー」の見どころをズバリご紹介します!

見どころ①理学療法士を描いた新しい切り口のドラマ

病院が舞台となるドラマですが、これまでの「医師」たちが主人公だったドラマとは違い、理学療法士が主人公という、新しい切り口の病院ドラマです。

病院では、患者の数だけドラマが生まれていて、命を預かる大変な病院での仕事を懸命に取り組む姿を描いています。

見どころ②イ・ユビさんの3年ぶりの復帰作!

エリート理学療法士ジェウク(イ・ジュニョク)に片思いをするヒロインのウ・ボヨンを演じたイ・ユビさん。

「夜を歩く士<ソンビ>」以来、3年ぶりのドラマ復帰となり話題になりました。

実は、イ・ユビさんは、この理学療法士という役を完璧に演じるため、病院に見学に行き、撮影した動画を見ながら練習されたそうです!!

親の七光りと呼ばれることで苦しんだ時期もあった彼女ですが、仕事に対する真摯な姿勢にとても好感がもてますよね!

イ・ユビさんの演技に期待です!!

見どころ③心にしみる数々のポエム

「ラブ・セラピー」では、毎回、詩人の詩(ポエム)が登場します。

3年目の理学療法士ボヨン(イ・ユビ)が、大好きな詩に励まされつつ、日常を描きます。

ジェウクに対する切ない想いや、不安などを詩に重ね合わせ、ドラマに華を添えました。

韓国ドラマ「ラブ・セラピー」のキャスト&相関図まとめ!

いかがでしたか?

イ・ジュニョクさん初主演作となった「ラブ・セラピー」。

イ・ユビさんにとっては3年ぶりの復帰作となりました。

理学療法士、看護師、放射線技師など、病院で働く人たちをクローズアップし、彼らの日常を詩とともに描き出すコミカルドラマとなっています。

韓国ドラマ「ラブ・セラピー」、是非チェックしてみて下さいね♪