海獣の子供

海獣の子供の聖地&ロケ地は江の島?海が住む水族館のモデルを特定!

この記事では、映画「海獣の子供」の聖地&ロケ地の江の島と映画に出てくる水族館のモデルを見ていきます。

海は映画「海獣の子供」に登場するジュゴンに育てられた兄弟の一人。
海が住む水族館のモデルはどこなのでしょう。

では早速映画「海獣の子供」の聖地&ロケ地の江の島と海が住む水族館のモデルについて見ていきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

映画「海獣の子供」

6月7日公開の映画「海獣の子供」

中学生の安海琉花(あずみるか)が、ジュゴンに育てられた兄弟、海と空に出会い、不思議な事件に巻き込まれていきます。


原作は漫画家・五十嵐大介の長編「海獣の子供」

第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞するなど高く評価されている人気漫画です。

アニメーション制作は『鉄コン筋クリート』のSTUDIO4℃、原作の世界観をそのままに、壮大に表現した見事な映像が話題です。

そんな映画「海獣の子供」の舞台は、江の島なのです。

 

映画「海獣の子供」のロケ地は江の島

映画「海獣の子供」は6月7日公開ですが、ロケ地の情報が少しづつ分かってきました。

舞台は江の島です。

小田急電鉄片瀬江ノ島駅から徒歩約5分のところには江の島の入口となる2つの橋があり、その一つ「江の島弁天橋」は歩行者専用道路になっています。

龍神と天女の伝説に溢れるパワースポット!「江島神社」や、展望灯台「シーキャンドル」を楽しめる観光地でもあります。

小田急電鉄では6月7日から公開される映画「海獣の子供」とのタイアップイベントとして、「江ノ島スタンプラリー」を開催するそう。

映画の舞台が小田急沿線観光地の江の島であることを記念した企画です。

期間は6月1日から30日まで。江の島エリアと小田急線の主要駅に設置された計6か所のうち、2つ以上のスタンプを集めると、数量限定でオリジナルクリアファイルがもらえるそう。

さらに、すべてのスタンプを集めた人を対象に、抽選でキャストサイン入りグッズや非売品映画ポスターなどが当たるWチャンスも!

他にも現在、小田急電鉄では『海獣の子供』ジャックトレインが運行しているようです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

映画「海獣の子供」で海が住む水族館は?

映画の中で、中学生の安海琉花は、父が働いている水族館へと足を運びます。

両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会います。

琉花の父は「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」といったのです。

琉花の父が働いている水族館で、海が泳いでいた水族館は、新江ノ島水族館だと特定されました。

しかも劇中は「新江ノ倉水族館」という名前で登場するそう!

映画公開を前に、新江ノ島水族館「巡礼フォトスポット」や「絵コンテパネル展示」など様々なイベントが催されるようですよ。

新江ノ島水族館×海獣の子供コラボイベント!

  • 開催期間:2019年6月1日~30日
  • 開催時間:9時~17時

 

実際の新江ノ島水族館の目玉の一つは館内の水槽で最大規模の「相模湾大水槽」

水深6.5メートルの水槽の中には、およそ90種類2万匹の、実際に相模湾でみられる生物だけが展示されているのだそう。

自然のありのままの環境に近づけるための造波装置や、本物さながらの偽岩をつかい水中の構造をより忠実に再現しているという相模湾大水槽。

ここまで水槽内をつくりこんでいる水族館はめずらしいのだそうです。

聖地巡礼に行ったら絶対に見逃せないポイントです。

原作漫画「海獣の子供」のきっかけは沖縄

原作漫画の作者五十嵐大介さんによると、作品ができるきっかけになったのは沖縄に旅行をしたことなのだそう。

ジュゴンは、子供を抱えるようにして授乳することから、人魚伝説のモデルになりました。

そのジュゴンが抱えているのが、人間の子供だったら面白いと思って、発想が広がったのだそうです。

ジュゴンは「海獣」と言われることもわかり、「海獣の子供」というタイトルになったのだとか。

「海獣の子供」という不思議なタイトルは、そんな風に生まれたのですね。

海と空は、ジュゴンに育てられた子供たち。

今、日本でジュゴンが生息している海は、沖縄だけ。

しかし絶滅寸前で、3頭確認していたうちの1頭がこの春死んでしまったようなのです。

映画「海獣の子供」でも、もしかしたら沖縄の海が出てくるかもしれません。

ちなみに、水族館でジュゴンを見られるところは鳥羽水族館です。

海獣の子供の聖地&ロケ地は江の島?海が住む水族館のモデルを特定! まとめ

映画「海獣の子供」の聖地&ロケ地の江の島と、海が住む水族館のモデルについて見てきました。

予告編だけでも迫力のザトウクジラの映像や、ジンベイザメやいろいろな魚たちが見えます。

映画「海獣の子供」は、生命の物語なのだそう。どんな映画なのか、楽しみですね。