ホジュン~伝説の心医~

ホジュン伝説の心医のキャスト相関図!イェジン役女優も画像付きで紹介!

こちらの記事では、韓国ドラマ「ホジュン~伝説の心医~」のキャスト・相関図、出演登場人物について、画像付きで詳しく紹介していきます!

日本で、このホジュンで一躍ファンが続出し、韓国では映画を中心に活躍のキム・ジュヒョクが、14年前の「ホジュン~宮廷医官への道~」を現代の状況と心境に置き換えリメイクされ、キム・ジュヒョクの熱演が話題となった歴史医療系ヒューマンドラマ。

それでは早速、「ホジュン~伝説の心医~」のキャスト相関図について、徹底調査していきます!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「ホジュン~伝説の心医~」の相関図と出演キャスト一覧!

それでは、「ホジュン~伝説の心医~」の相関図はこちら!

引用:http://hurjun2.jp/chart/index.html

 

韓国時代劇は、若手・ベテラン俳優共々キャストが豪華ですね!次は、キャストを詳しく紹介していきます。

キム・ジュヒョク(ホ・ジュン役)

引用:https://www.instagram.com/p/Brz4JpKhlR-/

 

龍川の郡守でるホ・リュンの庶子。

幼い頃から庶子と差別をされ育ってきたため、自ら庶子の立場に翻弄される。それから、自暴自答の生活を送るが、ある日謀反の罪で追われている一人の女性ダヒに出会い、さらに母の治療のため訪ずれた医院で生涯の師匠ユ・ウィテと出会い、人生が変化していく。

医師を志しユ・ウィテに師を仰ぎながら、波乱万丈ではあるが医師の道を着実に歩んでいき、念願の王宮の医官になるまで成長する。

プロフィール

名前:キム・ジュヒョク

ハングル表記:김주혁

生年月日:1972年10月3日

身長:180cm

血液型:A型

学歴:東国大学演劇映画学科

主な出演作品

プラハの恋人(2005年 チェ・サンヒョン役)

テロワール(2009年 カン・テミン役)

武神(2012年 キム・ジュン役)

恋のスケッチ~応答せよ1988~(2015年 テク役)

アルゴン(2017年 キム・ペクジン役)

パク・ウンビン(イ・ダヒ役)

引用:https://www.instagram.com/p/Brz6JkYhr0n/

 

両班イ・ジョンチャンの娘で、謀反の罪で逃亡中にホ・ジュンと出会う。

ホジュンの地元龍川で父を亡くしたダヒは、ホジュンに葬式を出してもらい、その後すぐに身分を回復するが、ホジュンの事が忘れられず、ホジュンと生涯を共にすると決意をし、身分を捨てて彼の元に嫁ぎます。

今までに経験したことのない貧しさに耐えながらも、夫であるホジュンが立派な医官になるように、影ながら常に支える意思の強く・立派な妻に成長していく。

プロフィール

名前:パク・ウンビン

ハングル表記:박은빈

生年月日:1992年9月4日

身長:163cm

血液型:B型

学歴:西江大学社会学科

主な出演作品

白夜3.98(1998年 チェ・サンギュ少佐の娘役)

守護天使(2001年 幼少期のチョン・ダソ役)

太王四神記(2007年 幼少期のソ・ギハ役)

秘密の扉(2014年 恵慶宮洪氏役)

お父様・私がお世話します(2016年 オ・ドンヒ役)

イ判サ判(2017年 イ・ジョンジュ役)

ナムグン・ミン(ユ・ドジ役)

引用:https://www.instagram.com/p/Brz4O4BhEMb/

 

ホ・ジュンの師匠ユ・ウィテの一人息子。

父であり師匠であるウィテの側で医術を学ぶが、父ウィテとドジの志がどことなくずれており、田舎の町医者では終わりたくないドジは、常に金と富を得るために内医院に入る。

幼い頃から、自分の側で一緒に育ったイェジンの事を長い間慕っているが、その心境を受け入れられず苦しむ中、イェジンがホジュンへ傾いているのを知り、イェジンの件も医術の件も、あらゆることでホ・ジュンに対抗意識を持つようになる。

プロフィール

名前:ナムグン・ミン

ハングル表記:남궁민

生年月日:1978年3月12日

身長:179cm

血液型:B型

学歴:中央大学校機械工学科

主な出演作品

薔薇色の人生(2005年 チ・パクサ役)

私の心が聞こえる(2011年 ポン・マル役)

抱きしめたい~ロマンスが必要~(2014年 カン・テユン役)

匂いを見る少女(2015年 クォン・ジェヒ役)

美人コンシム(2016年 アン・ダンテ役)

キム課長ソ理事(2017年 キム・ソンリョン役)

パク・ジニ(イェジン役)

引用:https://www.instagram.com/p/Brz4e6OhtW2/

 

幼い頃に両親を亡くし、ユ・ウィテの元で養女として育てられる。

ウィテの父と慕い、ウィテの元で医術を磨き、その後ウィテの友人であるサムジョク大師の元でハンセン病患者の治療に専念する。その時、ホ・ジュン出会い叶わぬ恋心を寄せる。

ホ・ジュへの叶わぬ恋心を持ち続けるも、ウィテの元を離れてドジと同じく内医院へ入る。そこのは、ドジはもちろんホ・ジュンもいたのであった。

 

プロフィール

名前:パク・チニ

ハングル表記:박진희

生年月日:1978年1月8日

身長:167cm

血液型:B型

学歴:延世大学行政大学院社会福祉学科

主な出演作品

銭の戦争(2006年 ソ・ジュヒ役)

ジャイアント(2010年 ファン・ジョンヨン役)

記憶(2016年 ナ・ウンソン役)

ホジュンを支える人たち

ヨ・ホミン/ヤンテ役

ホ・ジュンの幼い頃からの弟分。子どもの頃から、ホ・ジュンを”兄貴”のように慕っている。ホ・ジュンを探しにダヒと共に行動し、その後イルソの元で猟をしながら、ホジュンたちと共に暮している。

パク・チョルミン/ク・イルソ役

山陰の猟師で、お金と博打が大好きな、少し頼りないのですが、本当はものすごくおせっかいで優しい兄貴分。妻ハマンに尻に敷かれている。

コ・ドゥシム/ソン氏(ホ・ジュンの母)

官妓(役所が管理する妓生)だった頃に、高官であったホ・リュン(ホ・ジュンの父)と出会い側妻となるが、ホ・リュンには正妻がおり、下人のような扱いをされる。息子ホ・ジュンが身分の低さに差別を受けて心を痛める。

キョン・ミリ/ハマン宅

イルソの妻で気が強くお調子者の夫の尻をいつも叩いてる恐妻。ホ・ジュンたちをよそ者と避けている。噂好きで、口が軽く、イルソから「口から生まれた女」と言われている。

チェ・サンフン/ホ・リュン(ホ・ジュンの父)

ホ・ジュンの父で、軍の高官として国境警備を担当し、数々の功績を残し龍川の郡司となる。身分の低いジュンを気にしつつ目をかけるが、普段を厳格に接する。

画像引用:http://hurjun2.jp/chart/index.html

ユ医院の人たちとホ・ジュンの医術の師匠たち

ペク・ユンシク/ユ・ウィテ

慶尚道の山陰で有名な「名医」。患者を治すことだけに専念をし「名医」と評判になる。息子ドジが、自分の真意である「心医」を目指す気がないことに失望したため、ホ・ジュンに目をかけ、厳しく指導する。

イ・ジェヨン/キム・ミンセ(サムジョク大師)

ユ・ウィテの友人で、有力な御医候補だったが、大切な一人息子を不慮の事故で亡くしたことをキッカケに出家する。ユ・ウィテに破門にされたホ・ジュンをウィテの変わりに指導する。

チョン・ホビン/アン・グァンイク

サムジョク大師の友人で、内医院でも同期。人体解剖を目指していたので、内医院を追い出され、山で動物などで解剖をしている。その時に、ホ・ジュンと出会う。

チョン・ウンピョ/イム・オグン

ユ医院の生薬倉庫の担当として働きながら、医師を目指しているが、10年の間修行しても成果が実らない。ホ・ジュンと一緒に科挙を受け、ジュンと共に内医院入りを果たす。

キム・ミスク/オ夫人(ユ・ウィテの妻)

ユ・ウィテの妻。医者のことしか頭にない夫に愛想を尽かし、息子ドジの出世をかなえるためならなんでもする。ウィテが息子ではなく、ホ・ジュンに目をかけているのを気づき、ホ・ジュンを疎ましく思い警戒する。

画像引用:http://hurjun2.jp/chart/index.html

主役の4人もですが、脇を固めるベテラン俳優陣も豪華ですね!

韓国ドラマ「ホジュン~伝説の心医~」のキャスト&相関図にSNSの反応は?

韓国ドラマ「ホジュン~伝説の心医」は、韓国での伝説の名作を受け継ぎ、現代に対応できるよう生まれ変わり高視聴率で納めたドラマです。では、日本のSNSでの反応は?どうか調査してみました。

ホジュンを演じた名優キム・ジュヒョク。実はすでに2年前に突然帰らぬ人となってしまいました。このホジュンで彼のファンになった方がいた中で、彼のドラマの中でも、日本で一番再放送されていて、キム・ジュヒョク=「ホジュン」のイメージが定着していました。

彼の死以降、日本では幾度も再放送されているこの「ホジュン」。ファンの方々は、とても喜びに満ちているかと思います。

何度見てもあのソフトな声と静かな魅力ながら演技は迫真というが、見ている者を何度も引き込まれてしまうドラマです。

ドラマの序盤は、かわいい子役達が大活躍!してくれるのですが、特にホジュンの幼少期を演じる子役の男の子が、キム・ジュヒョクをも勝る!?名演技を見せてくれるのです。初回から泣けるのは、この子役達の活躍だと思います。

本当に子役から、いきなり青年期のキム・ジュヒョクに変わるのは、すみません!少し「えっ!」となるかもしれませんが。。。それでも、若さ溢れる青年期を熱演しています。

最近では、シリアスからコミカルまでオールマイティに演じるナムグン・ミンですが、このドラマでは本当に「ブラック過ぎる!ナムグン・ミン」でしたね。

ブラックな彼も似合うのですが、実は苦悩する場面もものすごく多かった気がします。パク・チニ演じる恋心や、ホ・ジュンへの葛藤など、決してブラックな面だけではなかったですが、とにかくクールで冷酷なユ・ドジを演じきりました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「ホジュン~伝説の心医~」の見どころをズバリ紹介!

演技派俳優&ベテラン俳優という豪華なキャスト勢ぞろいの「ホジュン~伝説の心医~」ですが、どんな見どころがあるのか!?私の勝手な視点でご紹介していきたいと思います。

見どころ①遺作となってしまったキムジュヒョクの名作

2年前に突然この世を去ってしまった名演技派俳優キム・ジュヒョクの名作。

引用:https://www.instagram.com/p/B120rOZgMFY/

 

先ほども少し触れましたが、このドラマが「遺作」となってしまった名優キム・ジュヒョク。前作時代劇「武神」終了時に「もう時代劇は当分出演しない」と言っていた彼ですが、父である俳優キム・ムセンも演じたホジュンを「運命だと」出演を引き受けます。

彼がなくなる前に、当時地上波でホジュンが放映されていたこともあり、そして彼自身20年の俳優人生で初の映画賞を受賞するなど、まさにこれからという時の3日後の出来事でした。映画中心に演技をしてきた彼なので、このホジュンもまさに「名演」だと思います。

常に冷静で、演技の中でも人当りがソフトで、しかも声がいい!一気に「ホジュン先生」の増えたこの作品、ぜひ彼の名演技をじっくりご覧頂きたいと思います。

見どころ②14年の名作を完全リメイク!

引用:https://www.instagram.com/p/Br-cKhVhsoO/

 

「14年前の名作を完全リメイク」したこの作品。14年前は、今では名悪役となっているチョン・グァンリョル(写真左側)がホジュンを演じ、歴代時代劇ドラマの最高視聴率を樹立した大人気の名作です。

14年前のホジュンは、どちらかと言えば「熱血!」な感じがしますが、やはりこの熱血振りが当時は人気を博したのでしょうか?キム・ジュヒョク演じるホジュンは、ソフトで人間味のある感じがしますので、やはりキャラは少し変えてきたかと思います。

14年振りの名作をリメイクするのには、製作側も演じる側も、ものすごくプレッシャーがあったことと思いますが、今では日本では何度も放送され、何度見ても熱演が感動を呼ぶ名作となっています。

韓国ドラマ「ホジュン~伝説の心医~」のキャスト&相関図まとめ!

以上、韓国ドラマ「ホジュン~伝説の心医~」のキャスト・相関図をご紹介してきました!

14年振りのリメイク版で、「14年前と同じように感動した!」と名高い、ホジュンの生涯を描く歴史的医療系ヒューマンドラマ「ホジュン~伝説の心医」

ぜひ、多くの方々に「手に汗握る感動を思っていただきながら」見て頂きたい、おススメのドラマです!