僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~

僕が見つけたシンデレラの感想&視聴率から評判を調査!映画より面白い?

この記事では、韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」を視聴した方が、良かった!面白かった!つまらなかった!?など、どのような感想だったのかを調査してみました!

トップ女優のセゲは、月に1週間他人に変わる秘密を抱えていました。

大事な授賞式直前に姿が変わってしまい、セゲはその姿を見せまいと脱走します!

一方、セゲがモデル契約しているティロード航空本部長ソ・ドジェは、他人の顔が見分けられない顔面認識障害を患っていて、セゲの脱走事件をきっかけに二人は最悪な出会いをします・・・。

「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」のSNSでの感想、口コミ、評価など、どのような投稿がされているのか、さっそく調査開始です!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」は面白い?つまらない?感想チェック!


韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」は韓国のJTBCで2018年10月から11月まで放送されていました。

トップ女優、ハン・セゲ(ソ・ヒョンジン)は、人気実力を兼ね揃えていますが、撮影をすっぽかしたり突然姿を消すためトラブルメーカー扱いされていました。

しかし、それには理由がありました。

セゲには、1ヶ月に1度、1週間だけ年齢も性別も、人種までも違う別人に変身してしまという誰にも言えない秘密があり、人前から姿を消していたのです。

別人になっている間は家から一歩も出ることが出来ずに、ワイドショーや世間には言いたい放題言われ、泣き続ける日々。

引用:
http://newsen.com/news_view.php?uid=201810020736450310&search=title&searchstring=뷰티%20인사이드

ある大事な受賞式の夜、よりにもよって式の直前に例の症状に襲われ、別人の姿に変わってしまったセゲは、受賞式会場から逃げ出します。

セゲを広告モデルに採用していたティーロード航空は、脱走事件の対応に追われ、ティーロード本部長で財閥御曹司のドジェ(イ・ミンギ)は姿をくらましたセゲを全力をあげて探し出すよう部下に命じます。

会社のイメージダウンを恐れるドジェは、セゲにすべての責任を問うため、セゲのいる病院へ向かいます。

病院の屋上にいたセゲは、この不思議な症状を人に説明することもできず、世間では酷い噂が流れていることに心を痛め、一人涙を流していました。

病院についたドジェはセゲのいる屋上に上がり、携帯電話で部下に指示を出していました。

人の顔を認識することができない相貌失認(顔面認識)障害のドジェは、目の前にいる女性がセゲだと気づいていません。

ドジェの話を聞いていたセゲは激怒し、ドジェの携帯電話を奪いとって立ち去ってしまいます。

セゲはこの脱走の一件で、ティーロード航空には申し訳ないことをしたと、契約解除の申し入れをします。

しかし、ドジェの提案で、再度契約を結ぶことになります。

後日、ティーロード航空のコードシェアパートナー、カイ―ラー社の代表との大事な契約を取るために、ドジェはセゲを伴って出張に行きます。

そこには、セゲの大ファンというカイラー社代表の娘も出席していました。

娘はセゲを見て大喜び!

セゲが同伴したおかげで、ドジェは無事に契約を結ぶことが出来ました。

帰りの飛行機では、お互いの誤解も解けて笑顔の二人でした。

すると着陸直前になって、突然の異変に気づいたセゲは、急いでトイレに駆け込みます。

鏡を見るとそこには、中年の女性に姿が!!

異変に気づいたドジェがドアを開けて入ると、「助けて・・」と顔を隠すセゲ。

二人は目が合い、ドジェはセゲの顔を毛布で隠しました。

引用:
http://newsen.com/news_view.php?uid=201810020736450310&search=title&searchstring=뷰티%20인사이드

しかし、顔を認識できないドジェは「何が起きたのか分かりませんが、言わなくていいです。あまり興味ないので。だから、歩いてください。僕を信じて。」と言い、セゲを無事空港まで導いてくれました。

引用:
http://newsen.com/news_view.php?uid=201810022255031710&search=title&searchstring=뷰티%20인사이드

そんな、セゲとドジェになんと熱愛説が浮上します!!

ドジェはビジネスのために、「世紀のカップル」を演じようとセゲに提案します。

あらすじ&ストーリーの感想口コミ評価はどう?

まずは、韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」のあらすじや、ストーリーについての感想を調べてみました!

「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」は、いったいどんなストーリーだったのでしょうか?

ドラマを見たみんなの感想を見ていきましょう!

このドラマの原作は、2015年に公開された韓国映画「ビューティインサイド」です。

カンヌ映画祭でも脚光を浴びた、大ヒット映画でした。

今回はそのドラマ版で、内容もパワーアップしていますよ!!

1ヶ月の間のうちの1週間だけ変身するという、現実ではありえない設定でしたが、ちょうどいいファンタジー感を作りだしていましたね。

二人の掛け合いも面白くて、笑ってしまうシーンがたくさんありました♪

このドラマは、殺人とかヒヤッとするシーンはないので、安心して見れます。

サクッと見れる感じのドラマでオススメです♪

SNSでは、映画版よりパワーアップしている等、評判は上々のようです!!

キャストの感想や口コミ評価はどう?

韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」キャストについての感想も調べてみました!

豪華キャスティングで話題となった「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」。

SNSではどんな感想があったのか調査してみました!!

ドラマの中で、セゲやサラのつけていた衣装や小物が、とっても素敵です!

イ・ミンギさん演じるドジェのスーツ姿もカッコ良かったです!

俳優陣のファッションにも注目したい作品です♪

俳優アン・ジェヒョンさんは、このドラマのために8kg体重を増やしたそうです!!

1年ぶりのドラマ復帰で、この作品に対する情熱が伝わってきますね。

主役二人の名前を見ただけで、面白そうだな!と期待してしまいますよね!!

カメオ出演の俳優さんたちも豪華で、「太陽の末裔」のキム・ミンソクさん、「甘くない女たち」のラ・ミランさん等が、姿の変わったセゲ役として出演しています。

SNSでは、キャストに対する期待度がとても高く、豪華な顔ぶれのカメオ出演も話題になっていました!

最終回結末についての感想口コミ評価は?

次は、「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」の最終回について、SNSではどのような感想があったのでしょうか?

見ごたえがあって満足の最終回だったという感想です!

二人はこのままハッピーエンドを迎えることができるのでしょうか?!

気になる最終回のあらすじやラスト結末は、「最終回」の記事をチェックしてみて下さいね♪

OST(オリジナルサウンドトラック)の感想口コミ評価は?

僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」のOSTについて、SNSではどのような感想があったのでしょうか?


このドラマで流れていたOSTは、心に響く素敵な曲が収録されていましたよ!!

「OST」の記事に、動画をピップアップしていますので、聴いてみて下さいね♪

つまらない!面白くない!という口コミ評判はなんで?

韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」は面白くない?ここがイマイチだった!などの声をリサーチしてみました!

ドラマを見た感想は、人ぞれぞれですよね。

すでに、韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」を見た方も、まだ見ていない方も参考になさって下さいね♪

別人に変身した時の、笑って泣けるエピソードをもう少し見たかったなというコメントです。

二人に甘いラブロマンスが多かったかもしれませんね ^^

原題「ビューティーインサイド」が、邦題では「僕が見つけたシンデレラ」になっていた!!と、いうコメントです。

たしかに、全く別物の感じがして見逃しそうですね。

SNSでは、タイトルについてのコメントがとても多く見受けられました。

視聴率から評判をチェック!

韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」の視聴率は、いったいどれくらいだったのか調査してみました!

気になる結果は、、、

平均視聴率  4.1%

最高視聴率  5.1%

最終回の視聴率は初回の2倍以上を記録し、回を追うごとにグングン伸びていきました!

韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」の感想・口コミ・評価まとめ

いかかでしたか?

大ヒットした韓国映画「ビューティーインサイド」を原作としたドラマ「僕が見つけたシンデレラ」。

ドラマ版ならではのオリジナルストーリーもあり、映画版を見た方も楽しめる、見ごたえたっぷりの作品になっています。

韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」是非チェックしてみて下さいね♪

最後までご覧いただきありがとうございました!