バースデーワンダーランド

映画バースデーワンダーランドの結末ラストは?原作との違いはある?

この記事では映画「バースデーワンダーランド」と原作「地下室からのふしぎな旅」の違いや、原作から予想される映画の結末についてまとめています。

4月26日から上映されている映画「バースデーワンダーランド」は、「地下室からのふしぎな旅」が原作となっています。

「バースデーワンダーランド」の結末や原作との違いを知りたい!という方はたくさんいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、映画「バースデーワンダーランド」と原作「地下室からのふしぎな旅」の違いや、原作から予想される映画の結末についてご紹介します。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

映画「バースデーワンダーランド」あらすじを原作から予想してみる

映画「バースデーワンダーランド」は柏葉幸子さんが原作者です。

その原作のあらすじはどうなっているのでしょうか?

 

View this post on Instagram

 

YUKARIさん(@nsmrykr)がシェアした投稿

アカネが薬をもらいにきたチィおばさんの薬局の地下室にふしぎなお客さんがやってきます。「木の芽時の国」の錬金術師だというその人につれられてアカネとチィおばさんは「となりの世界」に「契約の更新」にでかけていきます。さあ、ふしぎな旅のはじまりです。『霧のむこうのふしぎな町』に続きファンタジー永遠の名作をお贈りします。

商品説明より

おばさんとともに冒険というのが新鮮ですよね!

 

映画「バースデーワンダーランド」あらすじ!原作との違いは?

原作はおばさんとの「契約更新」のための異世界への冒険でしたね!

映画「バースデーワンダーランド」と違いはあるのでしょうか?

誕生日前日―――アカネの目の前で地下室の扉が突然開いた。そこに現れたのは、謎の大錬金術師のヒポクラテスとその弟子の小人ピポ。「私たちの世界を救ってほしいのです!」と必死でアカネに請う2人。自分に自信がないアカネは「できっこない」と断るが、好奇心旺盛で自由奔放な叔母のチィに促され・・・・無理やり連れていかれたのは、骨董屋の地価の扉の先から繋がる<幸せ色のワンダーランド>!時空を操るクモやまん丸でモコモコの羊、巨大な鳥や魚と、アカネたちとそっくりな人たちが暮らすその世界から”色が失われる”危機に瀕していた。色を作る水を守るため、突然ワンダーランドの救世主にされてしまったアカネは、チィやヒポクラテス、ピポと共に色とりどりの町を巡っていく。一方、命の源の水がわく井戸を破壊しようとするザン・グたちは着実に計画を進行していた。ついに井戸の前で対峙したザン・グとアカネが下した人生を変える決断とは?一生に一度きりの、スペシャルでワンダーな誕生日に感動の冒険が始まる―――!

「バースデーワンダーランド」公式サイトより

自分に自信がもてないアカネと自由奔放なチィおばさんのやりとりが面白そうですね!

原作と映画のあらすじから見る違い

映画には契約更新という文言が出てこない

映画ではアカネがワンダーランドの救世主にさせられる

映画と原作ではそもそもの目的が違っていますよね。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

原作から予想する「バースデーワンダーランド」の結末は?

原作から映画「バースデーワンダーランド」の結末を予想してみたいと思います!

 

View this post on Instagram

 

映画『バースデー・ワンダーランド』公式さん(@birthdayw.0426)がシェアした投稿

自分に自信がもてないアカネが冒険を通して徐々に自信を手に入れていくのではないか?という予想をしています。

やはりファンタジーやアニメーションの特徴として、最後には「救われる」とか明るい結末のものが多いので、映画「バースデーワンダーランド」もそうなるのではないでしょうか。

アカネが冒険を通して成長していく。

そしてアカネの成長を実感して、私たちも勇気づけられる…。

そんな内容を予想しています!

 

映画「バースデーワンダーランド」に関する皆さんの声を調査!

映画「バースデーワンダーランド」を見たくなる気持ちが強くなる!

一足先に映画を見てきた方の声を調べてみました。

やはりイリヤ・クブシノブさんデザインのキャラクターたちの評判がとても良かったです。

可愛いけれどただ可愛いだけじゃない!魅力的なキャラクターたちです。

この映画が日々の生活に彩りを与えてくれるのではないでしょうか?

 

バースデーワンダーランドの結末は?原作との違いはどこ?まとめ

この記事では、映画「バースデーワンダーランド」と原作「地下室からのふしぎな旅」の違いや、原作から予想される映画の結末についてご紹介しました。

この映画を見ることで自分に自信がもてないアカネの成長していく姿が見られるかもしれません。

アカネの成長を見て感銘を受け、私たちも成長しなければ!と心を揺さぶられるかもしれませんね。