アラジン

アラジン実写吹き替えで中村倫也の歌下手orうまい?CMや動画で検証!

この記事では、映画「アラジン」の実写吹き替えでのアラジン役の中村倫也の歌について、見ていきます

映画「アラジン」といえば主題歌「ホール・ニュー・ワールド」、すでにCMや動画で見ることができますね。

中村倫也の歌は、歌下手なのか、うまいのか、CMや動画で検証します。

では早速映画「アラジン」の実写吹き替えでアラジン役の中村倫也は歌下手なのか、うまいのか見ていきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

実写化された映画「アラジン」は“プレミアム吹替版”

1992年(日本では1993年に)に公開された、ディズニーのアニメーション映画「アラジン」。

なんと実写化されて6月7日(金)から公開されます。

ダイヤモンドの心を持った、自分の本当の居場所を探す貧しい青年人生アラジン、と、王宮の外での自由を求める王女ジャスミンのロマンスと魔法のランプをめぐる冒険の物語ですよね。

実写化された今回の映画「アラジン」は、一流の演技力と歌唱力兼ね備えた豪華キャストたちが、台詞だけではなく歌まで完全に吹替える“プレミアム吹替版”となって公開されます!

映画「アラジン」といえば主題歌「ホール・ニュー・ワールド」

アラジンとジャスミンが二人で歌う名曲です。

 

映画「アラジン」の実写吹き替え、アラジン役は中村倫也

主人公アラジン吹き替え役を射止めたのは、俳優の中村倫也さん。

その演技の多彩さで、”カメレオン”や”ジャンルレス”と呼ばれる実力派の俳優さんですね。

映画「アラジン」主題歌お披露目イベントに登場し、今作の主題歌「ホール・ニュー・ワールド」を披露しました。

実は、そのイベントでの歌をめぐって、歌下手なのか、うまいのかが話題になっているのです。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

映画「アラジン」アラジン役の中村倫也、歌は下手なの?うまいの?

早速その時の動画を見てみましょう。

ん???
出だし、ちょっと音程が…声の伸びもどうも今ひとつの所も…

えっ、ちょっとどうなってるの???
もしかして歌下手?そんなことってあるの?

ということでもう少し、調べたところ、どうやら動画のイベントは公開生披露だったそうで、緊張していたらしいです。

そのせいで、多少声が上ずって聞こえているようなのです。

確かに、公開生披露はハードルが高い!

実際は、歌のうまい中村倫也さん。

実力派が集まった、映画「アラジン」のアラジン役のオーディションで、最終的に中村倫也さんが選ばれたのは、その歌声が素晴らしかったから。

最高にロマンチックなシーンに流れる甘いアラジンの歌声と、初めての自由な旅を満喫するジャスミンの伸びやかな歌声がぴたりとはまったのだそう。

二人の喜びと幸せを最大限表現できていることが、アラジン起用の最大の理由なんだとか。

ならばその甘い歌声をしっかりと聞きたいところですよね。

 

映画「アラジン」アラジン役、中村倫也の歌声

このCMのメイキング映像、口パクではなくしっかり歌っているところが映し出されています。

うまいじゃないですか!しかも甘い歌声ではないですか!!!

昨年末にはTBSラジオ『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』の「年末恒例、超内々紅白歌合戦!」の大トリで、NHKの朝ドラ「半分、青い。」の主題歌「♪アイデア/星野源」を生熱唱。その美声で番組を盛り上げたのだそうです。

起用の決め手にもなった主題歌「ホール・ニュー・ワールド」のシーンについて、中村倫也さんご本人は、

中村倫也コメント

「自分が携わる仕事で、感じたことのない感動がありました。

小さい頃から知っている名曲に自分が歌って吹き込んだ完成版を観たとき、珍しく鳥肌が立ちましたね。

アラジンはジャスミンを誘って一緒にいろんな世界を見て回ろうよという、優しさと強さ、ちょっとした強引さがありながら素敵な体験をさせてあげる・・・

そういう幸せな気持ちやキラキラした感情がいっぱいのシーンになればいいなと思って吹替えをしました」

と、特別な思いも語っています。

 

アラジン実写吹き替えで中村倫也の歌下手orうまい?CMや動画で検証!まとめ

大きなお世話かもしれないけれど、安心しました。
というか、おかげで本編での歌が、より楽しめることにもなりましたね。

ジャスミン役の木下晴香さんとのハーモニーもバッチリなよう。

映画「アラジン」、実写吹き替えでアラジン役の中村倫也の歌、楽しみにしましょう!