アラジン

アラジン実写映画のジャファーがカッコイイ!吹き替えや歌声キャストも紹介!

この記事では実写化された映画「アラジン」に登場する、ジャファーをご紹介します。

映画「アラジン」のジャファー、憎らしい邪悪な魔法使いですが、実写版ではカッコイイそうなのです!
吹き替えや歌声のキャストも合わせてご紹介。

では早速実写映画「アラジン」のジャファー役のカッコイイ俳優と吹き替えや歌声キャストを見ていきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

映画「アラジン」のジャファーって、どんな役?

映画「アラジン」に登場する悪役ジャファー、どんな役なのでしょう。

王国「アグラバー」の大臣で、表向きは国王に忠実だけど、実は国王の座を狙っています。魔法のランプを使って王国を乗っ取ろうと、アラジンやジーニーとバトルを繰り広げます。

ずる賢い作戦を立てるのも得意で、アラジンを操ろうとしたり、ジャスミンとの仲を裂こうとしたり。相棒は口の悪いおしゃべりなオウムのイアーゴです。

憎らしい悪役ジャファー、実はディズニー映画の中でも人気のある悪役たちの一人なんです。

実写化映画「アラジン」のジャファーのキャストは

実写化された映画「アラジン」でジャファーを演じるのはマーワン・ケンザリ

もちろん悪役なのですが、イケメンでカッコイイと話題になっているのです。

マーワン・ケンザリ、まだまだ知らない人も多いですよね。

トム・クルーズ主演の「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」でマリク役を演じて注目を集めた俳優さん。その後も「オリエント急行殺人事件」の車掌役を演じています。

チュニジア系オランダ人の俳優で、2013年のオランダ映画「Wolf」で犯罪に手を染めるキックボクサーの役を演じて、ヨーロッパではいくつも賞を獲得した経験もある実力派なのだとか。

あのジャファーをこんなカッコイイ俳優さんが演じるなんて!

今回の映画「アラジン」の実写化では、キャストを中東系(もしくは中東系に見える)俳優を選んだのだそう。

アラジン役のメナ・マスード

ジャスミン役のナオミ・スコット

そしてジャファー役のマーワン・ケンザリ

みなさん今まであまり有名とは言えない方たちばかり。実力派でアラジンの舞台の地域性にあったキャストが選ばれているのですね。

これは映画「アラジン」で一躍有名になるのかも!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

実写化映画「アラジン」のジャファー、吹き替えキャストは?

今回の映画「アラジン」は、日本語吹き替えももちろんありますが、一流の演技力と歌唱力兼ね備えた豪華キャストたちが、台詞だけではなく歌まで完全に吹替える“プレミアム吹替版”!

ではジャファー役の吹き替えは誰に決まったのでしょう?

悪役ジャファーの吹き替えを演じるのは、北村一輝!

ドラマでも映画でも舞台でも、大活躍中の個性派俳優さんですね。

北村さんは悪役が活躍する映画が大好きで、ジャファーにも魅力を感じていたのだそう。豊富な演技経験を持つ北村一輝さんが、癖のあるジャファーを、しかも今回はイケメンのジャファーをどう演じるのか、楽しみですね。

常日頃から悪事を企む魔法使いジャファー。アラジン、ジャスミン、ジニーたちの手強い敵でもあります。

プレミアム吹替版ですから、もちろん歌声も北村一樹さん。

そういえば、猫侍ではコミカルに歌っていたし、ギターを弾いて熱唱するCMもやってらっしゃいましたっけ。

実写化映画「アラジン」のジャファーに新しい魅力?

吹き替えを担当したジャファーに関して北村一樹さんは、

「ジャファーはかなり悪いヤツですよ。狡猾さとしたたかさを併せ持っていて、蛇のようなしつこさです」

と語りながら

「今回の実写版では新たなジャファー像が出来上がったと思います。悪役ではありますが、見方を変えると彼が引っ掻き回すことによってアラジンやジャスミン、そしてジーニーたちの物語が熱く進んでいきます。そこは是非注目して頂きたいですね!」

と語り、物語の起点を作る大事な役どころであることを明かしました。

カッコイイイケメンのマーワン・ケンザリ演じるジャファー。

それにこちらも多彩な魅力を持った北村一樹による吹き替え。

実写化された映画「アラジン」では、新しいジェファーが見られるのかもしれませんね。

 

アラジン実写映画のジャファーがカッコイイ!吹き替えや歌声キャストも紹介!まとめ

実写化された映画「アラジン」のジャファー、憎らしい邪悪な魔法使いですが、魅力的な悪役です。
実写版ではカッコイイジャファーが登場!吹き替えや歌声のキャスト北村一樹にも注目です。

映画「アラジン」でのジャファーの活躍、楽しみになってきました。