東京独身男子

AK男子(東京独身男子)ドラマ第1話ネタバレあらすじ感想!ついに、AK男子降臨!

この記事では、ドラマ「東京独身男子」第1話の、あらすじやネタバレ、感想についてまとめました。

いよいよ4月13日にスタートする、ドラマ「東京独身男子」

高橋一生さんをはじめとする、人気俳優3名の演じる「AK男子」。

気になっている方も多いのでは?

ここでは、ドラマ「東京独身男子」第1話の、あらすじやネタバレ、感想をご紹介しますよ!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ドラマ「東京独身男子(AK男子)」第1話のあらすじ

まずは、ドラマ「東京独身男子」のあらすじについてご紹介します。

高橋一生 ✖ 斎藤工 ✖ 滝藤賢一!

3人扮する「AK(あえて結婚しない)男子」の、その生態とはいかに…!?

 

ドラマ「東京独身男子」第1話のあらすじ

メガバンクに勤務する石橋太郎(高橋一生)(38)、審美歯科クリニック院長の三好玲也(斎藤工)(37)、法律事務所のボス弁・岩倉和彦(滝藤賢一)(45)は仕事も私生活も充実しており、何でも1人で事足りる『AK(あえて結婚しない)男子』。結婚しないことに不安も不満もない。3人で夜な夜な太郎の部屋に集っては、ああでもないこうでもない、と肩を寄せて語りあい「今のままで十分。独身生活、幸せです」と自由な独身生活を謳歌している。
だがある日、太郎は、かつてプロポーズまで考えた元恋人の舞衣(高橋メアリージュン)と偶然にも再会。3年前、海外へ旅立つ彼女と別れてしまったことに後悔を覚える。同じ頃、三好は彼のアイデンティティに関わる問題に直面して不安を感じ、岩倉は、郷里の父に病で倒れられ……。
それぞれの身に起きた出来事が3人の気持ちを動かす。そして彼らは、結婚を強く意識することに。順風満帆な独身人生から一転、人生の岐路に立たされたAK男子たちだが、その先に待ちうけていたのは、とんでもない“難婚ワールド”だった!

 

「東京独身男子」公式サイトより

仕事も充実、趣味や友だちと過ごす時間…とプライベートも充実、もちろん家事もお手のもの…。

文句ナシの生活に、❝結婚❞は不必要!

「結婚は、女に自由を与え、男から自由を奪う!」とまで言い切る3人。

けれども、そうも言ってられなくなるような事態が、3人それぞれにふりかかるのです。

 

ドラマ「東京独身男子(AK男子)」第1話のネタバレ!自由な独身生活を謳歌しているはずだったのに…!?

“AK男子”の生態とは…!?

メガバンクに勤務し、仕事をバリバリこなしている石橋太郎(高橋一生)。自身のことを“格付Aランク”と自負しています。そこへ、グループチャットに一報が入ります。相手は、法律事務所のボス弁・岩倉和彦(滝藤賢一)から。とある会社の創立記念パーティーへの誘いです。「そういう盛り場ウロつきたい気分」とノリ良く即答したのは、もう一人のメンバー、審美歯科クリニック院長の三好玲也(斎藤工)。というのも三好はバツイチで、独身を貫く2人に対し、フリーに返り咲いたばかり。

パーティに集合した3人ですが、どうも乗り気でない太郎。声をかけてきた女性3人に対してもあからさまに避けるような態度。三好と岩倉に向かって、先ほどの女性3人を順に値踏みしたあげく、「獲物狙ってるワシかトラにしか見えない」とシビアな捨て台詞をはきます。

帰り道、「人を好きになること…もうないんじゃないかって」と打ち明ける太郎。過去の太郎の恋愛について思い返す三好と岩倉は「太郎ちゃん史上、最も結婚に近づいた子」である舞衣の名前をあげます。そして、太郎はその日、実はその舞衣を見かけたことを打ち明けます。そしてSNSをチェックしたところ、どうやら舞衣が日本に帰ってきたこと、そして現在の仕事場での様子が分かったのだということを伝えます。

場面は変わって、太郎の引っ越しシーン。太郎は、同マンションの最上階に移る三好の計らいで、三好がもともと使っていた部屋を借りることになったのです。三好と岩倉に加え、三好の妹の三好かずな(仲里依紗)も手伝いをしながら、結婚感についての話が展開します。
3人のことを“AK男子”だと断言し、その言葉について説明するかずなに対し、「男には結婚適齢期ってないから」と言い切る3人。「余裕ぶって高みの見物している…」とかずなもあきれている様子です。

 

太郎にとって、“最も結婚に近づいた子”、舞衣の存在

話は展開し、今日、見かけたという舞衣の話題に。
「3年前、最後に会った日…」と勝手に回想シーンに入る太郎。

結婚を考えるほど真剣に付き合っていたにもかかわらず、仕事の都合でロンドンに行くことを迷っていた舞衣を、後押しする形で、恋をあきらめていた過去を思い返す。「引き留めるべきだったのか…まるで雨が彼女の涙のようだった」と想い出にひたる太郎。
冷めた目で見つめるみんなに対し、太郎の独演は止まらない。「結婚してあげられなくて悪かったな~。だって舞衣は俺にいろんな影響受けただろうし、だから俺のこと引きずってたら悪いな~って」
「何この何でも上から目線」と返すかずなの声も耳に入らず、「やっぱりまだ結婚は今でも考えられないかな~。楽だし、やりがいのある仕事、いい部屋、良い友人に恵まれて、今のままで十分!独身生活、幸せです!」と宣言します。

 

三好玲也の事情。

とある夜、バーで気になる女性を見つけた三好。彼女の足元に、自慢の車のキーを投げすべらせ、声をかけようと迫ります。しかしそのお相手、日比野透子(桜井ユキ)は、どうやら三好の魂胆を見透かしているようで、そのキーを足で一蹴すると「興味ないの」とかわします。あしらいにも負けず、もうひと押しする三好。けれど、それでも透子は「興味ないの」とかたくなな態度。潔くひいたようにみえた三好ですが、車のキーがその場に残されています。

後日、車のキーを返しに、三好のクリニックを訪れた透子。「また逢いたかったんだ」という三好の言葉に、「しつこい男はキライ。回りくどい男も」と返す。そして情熱的なキスをかわす2人なのでした。しかし、コトに及ぼうとすると、どうやら様子がおかしい三好。ガチャガチャとベルトに手をかけるも、その先に進めることができません。愕然とした様子で「どうしたんだろう…」とつぶやきます。

 

岩倉和彦の事情。

一方、岩倉は、彼女と一緒に高級ワインとチーズを愉しんでいます。「俺には君だけ。それだけで十分」と甘い言葉をかける岩倉。そしてキスを交わす2人ですが、そこへ邪魔をするように割って入るインターホンの音。相手は岩倉の兄貴で、切羽詰まった様子です。「親父のことだ。この通り、頼む!」といきなり頭を下げる兄。介護が必要になった父について、自身は家族も多く困難なため、独り身で身軽な弟へ、そのお願いにきたのでした。

その数日後。彼女と時間を過ごしてい岩倉は、「まさか自分にこんな日がくるなんて」と言うと、恋人の薬指に指輪をはめます。「待たせてゴメン。俺と結婚してくれますか」とプロポーズする岩倉。

ところが彼女の態度は一変します。「あたしって何!? 介護要員なわけ!? 悪いけど他で探して」怒って彼女は部屋を出て行ってしまいます。

 

舞衣との和解

ある日の仕事帰り、思わず舞衣の仕事場に立ち寄ってしまう太郎。職場をのぞき込むと、そこには舞衣の姿が。
気がづくと舞衣の前まで進み出ており、「元気そうで良かった」と声をかけます。ところが、舞衣の口からは、まさかの言葉が…。

「私たち、前に会ったこと…ありましたっけ?」

落ち込んで帰る太郎は、マンションの下で、かずなと鉢合わせます。元気のない太郎の様子に、かずなは「一人の方が良さそうだから先行って」と気遣いエレベーターに乗るのをためらいます。けれど「いらない心配するなって」 と言って腕をぐっとひっぱりエレベーターに挽き込む太郎。かずなは複雑な心境の表情をしています。

「何かあったの?」と様子を伺うかずな。しかし話している間に、「太郎ちゃんは、ドリームアイランドの住人。この世で一番恋愛に夢を持っている。プリンセスが現れるって夢見てる」と言ってしまい、さらに落ち込んだ様子でエレベータを降りていく太郎を見送ります。

そんな太郎でしたが、その後、また舞衣と通勤途中でばったり会います。再度、声をかける太郎。3年前のロンドン行きの時の話を正直に語ります。「よかったねって言ってしまったけど、本当は俺の本音を気にしてくれてるって分かってました」。
付き合っていた時、舞衣は「本音で話そう」と、ひとつの約束事を提案していました。それは、あれこれ考えて自分の気持ち見せない太郎を想ってのことでした。2人は本当は心の中で違うことを思っていても、本音が言いにくい時、コースターを裏返すことを合図にしようと決めていたのです。しかし、ロンドン行きの話の時、どうしてもコースターを裏返すことができなかった太郎なのでした。

「本当は行ってほしくなかった。ずっと一緒にいたかった。それだけ伝えたくて」と話す太郎。それを聞いた舞衣は、太郎に静かに太郎に近づくとキスをしたのでした。

「とっさに知らないふりしたの」と、先日のことを打ち明ける舞衣。「あの時悩んだことや、さよならしたこと思い出して、つい…。ごめんなさい」と話すと、舞衣は言います。

「ロンドン…行かなきゃよかったかな…」

自宅に帰って来た太郎は、勢いよくパソコンを開くと、仕事のプレゼン資料バリの自己分析を始めます。
自分の昂る気持ちをグラフ化し、現状況のメリットとデメリットを洗い出します。そしてメリットの項目に、“一番好きだった人”とキーを打ち込んだ後、“=結婚” と書いてニヤける太郎なのでした。

しかし、ちょうどその頃、場面は三好の歯科クリニック。そこで働く妹のかずなは、兄の三好と供に、舞衣のSNSのアイコンを見て「あ!」と思わず声を漏らしています。どうやら何かに気づいた様子です。

 

舞衣に2度目の失恋!?

カフェに舞衣を呼び出した太郎。しかしその意図を話す前に、舞衣に話を切り出されてします。舞衣は、現在真剣に付き合っている人がいて、この後、会って結婚届を出す予定だと打ち明けます。「太郎君と会えてよかった。返事する前に太郎君に会って、あの頃を過去のことだってわかったから」と舞衣。

さっきまで舞衣との結婚を考えていた太郎ですが「よかったじゃん、おめでとう」と声をかけます。

しかし、舞衣が席を立った後、コースターを見ると、それが裏返されていることに気づきます。

急いで店を出て舞衣を追いかける太郎。やっと見つけますが、その時、舞衣の前に結婚相手の男性が現れて、笑顔で抱き合う二人を見てしまいます。

家に帰り、暗い部屋で酒をあおる太郎。そこに、三好が入ってきます。続いて岩倉が、そして妹のかずなも揃います。

落ち込む太郎を見て、「男いた!」と声を合わせる三好と岩倉。どうやら、岩倉もも気づいていたようで、その理由は舞のSNSのアイコンからにあったようです。

アイコンでは、一人、笑顔で笑う舞衣ですが、その後ろをよく見ると、その影が、誰かと手をつないでいる姿なのでした。

「いいのか、このままで!?」思わず声をあらげる太郎。「このまま年だけとって、何か問題があるみたいに言われて…そろそろ考える時だ。本気で。男に適齢期はない、そう思っていたけど、岩倉さんみたいに介護の問題…、俺みたいに、この人だってひとを失ったり…、自分が病気になったり、年をとると体系、体力、精力も衰える(その言葉に、少しギクリとした様子を見せる三好)。このままいったら一人で生きていく覚悟が必要!誰かと一緒になりたいなら、責任が必要!」そういうと、またパソコンを開き、今回の事態の分析を始めます。

「この手痛い失恋から学んだ事…」そう画面に記す太郎。そして、三好の言葉をきっかけに3人は気づきます。

「女はその本質をSNSのアイコンに隠している!」

そういうと、スマホに並ぶSNSの女性のアイコンを繰りながら、「飼い猫、肉食、セクシー、キャリア、ファミリー、過去好き、料理自慢、読モ風…」と、どんどん分析していく3人…。

そして、「アジェンダ―入り決定!」と満足そうにハイタッチを交わします。

そしてついに大胆な宣言をする太郎。
「決めた、この年で、こんな痛い想いするくらいなら、次付き合う人と結婚する!それがだめだったら一生結婚しない!」思わず同意する岩倉。(三好は同意せず「俺はもう結婚しないよ!」と反発します)

ところが、その時、かずながあることに気がつきます。舞衣のSNSのアイコンが変わっているのです。そして、“小休止”というタイトルとともにアップされた投稿を読むと、どうやら舞衣は婚約届を出さなかったらしいことがわかります。

それを知った太郎は、スマホを手にし電話をかけ、こう話します。

「もしもし、舞衣、結婚しよう。もしまだ間に合うなら結婚しよう、俺と」。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ドラマ「東京独身男子(AK男子)」第1話みんなの感想は?

[st-kaiwa3]AK男子3人の掛け合いが、早くも話題です♡[/st-kaiwa3]

 

[st-kaiwa3]みなさん、細かいとこまで観てますね~♡[/st-kaiwa3]

 

[st-kaiwa3]滝藤さんの大人なラブシーンに、ヤられる人、続出です[/st-kaiwa3]

 

[st-kaiwa3]そして3人が導きだしたアジェンダも、早速、話題に![/st-kaiwa3]

 

ドラマ「東京独身男子(AK男子)」第1話のネタバレあらすじ感想・まとめ!

ドラマ「東京独身男子(AK男子)」第1話、みなさん、いかがでしたか?

“AK男子”が早くも、それぞれの事情で、結婚を意識しまくった第1話!

彼らが結婚に向けて探していく“アジェンダ”も気になりますね~^^

微笑ましくてどこか癒される、高橋一生さんはじめメンズ3人のわちゃわちゃっぷりも楽しみ!!