空から降る一億の星

空から降る一億の星韓国版の最終回をネタバレ解説!結末に涙が止まらない!

この記事では、韓国ドラマ「空から降る一億の星」の最終回あらすじ、ネタバレについて、どのような内容なのかをご紹介します!!

幼少時代の記憶がないままのムヨンでしたが、ある日父親がクムア山で自殺したと聞き、現場に向かうと、やかんの沸騰する音と共に、激しい銃声がムヨンの脳裏に一気に蘇ります!!

その銃声は、父親が撃たれた時のもので、撃った男とはジンガンの兄、ジングク刑事だったことを思い出し、ムヨンは愕然とします。

そんな中、セランから「夫を置いて子供と共にカルト教団に加入した妻と夫が、揉めた末に、妻と他の信者二人を殺して自殺し、父を撃った刑事ジングクは正当防衛となった。」という事実を知ります。

ムヨンは、ジングクに問いただすと「正当防衛だったと思っていたたが、スング(ムヨンの父)は攻撃しようとしたのではなく、お前に母を殺した斧を見せたくなくて隠そうとして動いたときに撃ったと後になって気づいた。 父さん!と呼んだお前の声と俺が人を殺したことをひと時も忘れることはできなかった。すまなかった。。と言いました。

その夜、「生まれ変わりたい・・・」と泣くムヨンを、何も知らないジンガンはそっと抱き締めました

翌日、ジンガンがやかんお湯で指を火傷してしまい、薬局に薬を買いに出たムヨンは、再びやかんの沸騰音と父親が撃たれる光景が次々とフラッシュバックし、自分に妹がいたことを思い出し、財布から引き出したジンカンの写真を見て「 妹だったのか…!!」と絶望します。

ムヨンはセランを訪ね「 僕が知らない重要なことってなんだ!」と迫ると、「 ユ・ジンガンさんはあなたが探していた、実の妹よ。」と告げます。

しかし、このセランの言葉は「嘘」でした。

ムヨンが信じ切ったことをいいことに、ジンガンに真実を明かすと脅迫し嘲笑するセランを、銃で撃ってしいます・・・。

NJグループの常務セランが銃で撃たれ死亡というニュースが報道され、銃を持ったムヨンが駐車場から車に乗り込む姿が写った映像と共に、第一容疑者逃亡中と伝えられます。

ニュースを見て驚く、ジンガンとジングク…。

衝撃に次ぐ衝撃!!のストーリー!!最終回の結末はどんな結末が待ち構えているのでしょうか?

それでは、さっそくネタバレあらすじ調査開始です!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「空から降る一億の星」最終回のあらすじは?

韓国ドラマ「空から降る一億の星」の予告動画とあらすじを見てみましょう♪

殺人事件の容疑者として追われる身になったムヨン。ジンガンの話をするためにジングクと密かに落ち合った彼は、自分が大きな誤解をしていたことに気づく。すべての真実を知ったムヨンは3日だけ時間をくれと告げて去って行き…。一方、ジンガンはムヨンが殺人を犯したとは信じられずにいた。25年前の事件について調べたジンガンは、ムヨンがかつて家族と住んでいた家にいると直感。一人でクマ山に向かい、ムヨンを見つけ出すが…。

引用:https://www.welovek.jp/sorahuru/

「空から降る一億の星」の最終回は16話です。(韓国でのテレビ放送の場合)

  • 韓国でのテレビ放送
  • 日本でのBS、CSなどでの再放送
  • VODでの配信

では最終回が何話なのかが異なるので注意してください!

詳しくは「空から降る一億の星」は全何話?の記事でご確認ください♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ネタバレ注意!韓国ドラマ「空から降る一億の星」のラスト結末は?!

それでは、韓国ドラマ「空から降る一億の星」のラスト結末についてネタバレしていきます!

①ジンガンは実の妹ではなかった

セランを殺害して指名手配になったムヨンは、ボンギ寺に身を隠しジングクを呼びだします。

そして、「お前はカン・スングの一人息子だ。一体誰がそんな嘘を…!」とジングクから真実を聞きます。

ムヨンは、セランに騙されていた事を悟り、地面を叩きながら声を殺して泣きました。

実はジンガンは、ハン・ジョンユンという名前がありましたが、カルト宗教にはまった両親は、4歳まで出生届すら出していませんでした。

ジンガンの両親が、ムヨンの母ミヨンをカルト宗教に誘ったことから、家の保証金と息子ムヨンを連れ、家出します。

その2年後、居場所を見つけたムヨンの父スングは、口論の末、ミヨンとジンガンの両親ハン・ジョンス、パク・ジョへを殺害するという悲劇が起こりました。。

その後、ムヨンは児童施設に、ジンガンはジングクが引き取っていました。

②森の教会

森の教会の家へ到着したムヨンは、幼い頃によく見た空から降ってくるような星がキラキラと美しく輝く夜空を眺め、ジングクの話を思い出していました。

宗教に夢中だった親たち、、育児放棄されていたジンガンの世話していたのは、ムヨンお前だった。

幼いジンガンにとって、お前がこの世界の全てだった。

お前が消えた後、ジンガンは言葉を失い、毎日太陽が沈むと泣き、やっと俺に馴染んでくれた時でさえ、お前と同じ年の男の子を見ると走っていき、顔を見て泣いていた。

優しいジンガンの心に愛を植えつけたのは、お前だった。

俺の銃弾でお前の父親が倒れた時、音を聞いて家に入って来たジンガンが、ストーブにぶつかり、やかんの熱湯からジンガンをかばったときにできた火傷だ。だからお前のその火傷の痕はジンガンより大きい。」と。

夜空の星を眺め、死を決意したムヨンは、遺書を書き始めました。

一方、チェ秘書から送られてきたクムア山殺人事件の記事を読んで、自分が被害者の娘である事実を知ったジンカンは、幼いころのかすかな記憶を辿ります。

ある夜の記憶・・・親たちが集団で祈っている姿、夕食も与えられずお腹が空いたと言うジンガンに、ムヨンがポケットから出したピーナッツを食べさせてくれたことを思い出しました。

①生きたい・・・

森の教会にたどり着き、ムヨンを見つけたジンガン。

ムヨンの銃を見つけ、銃口を自分の頭に突き付けたジンガンは、「 あなたの父親が私の両親を殺したからなの?でも兄さんがあなたの父を殺した時、何があっても僕には君、君だけだと言ったでしょ?私にとってもあなた、あなただけなの!」と、罪を償ってやり直そうと自首をすすめます。

「 あなたがここにいるから私がここにいるの。あなたなしで私がどこかに行けると思ってるの?私がこれだけ言っても死にたいの?」と泣くジンガン。

「 僕は生きたい。。」と言うムヨン。

やっとお互いに気持ちを確認したその時!!娘を殺されたチャン会長の命令で復讐に来たチェ秘書に撃たれ、二人は倒れてしまいます。

最後の力を振り絞り、ジンガンに近づいたムヨンは、ジンガンの手の上で涙を流し、互いに「 愛している」と心の中で告げながら、目を閉じました。。

銃声を聞いたジングクは「 ジンガーン!!」と叫びながら、飛び込び混んできました。

死体となって横たわってる二人を見て、ジングクは崩れ落ちました。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国ドラマ「空から降る一億の星」の最終回は最高のエンディング!?みんなの感想!

それでは、韓国ドラマ「空から降る一億の星」に再終回について、SNSではどのような感想があったのでしょうか?

さっそく調査開始です!!

見終わった後は、放心状態になるような内容でしたね><

なんという衝撃のラストだったのでしょう。。言葉になりません。

セリフのセンスが素晴らしすぎて、名作以外の言葉が見つかりません!

ストーリーの展開も、どん底に落とされては、また落とされ、、衝撃的な最終回でした。

哀しい二人の運命でしたが、最後に「愛してる」が言えたのが救いです。

韓国ドラマ「空から降る一億の星」のオススメポイント!

この「空から降る一億の星」は、フジテレビの月9で驚異的な視聴率を記録したドラマを、16年ぶりに韓国でリメイクされました。

時が経っても、名作はやはり素晴らしいと感じさせるストーリーです。

じんわりとした切なさが、胸を締め付けられるような切なさに変わっていく、北川悦吏子ワールドにどっぷりと浸れるドラマです。

韓国ドラマ「空から降る一億の星」の最終回あらすじネタバレまとめ!

いかかでしたか?

回が進むごとに、次はどうなるんだろうとハラハラと引き込まれていきましたが、最終回を見終わると、なんでこんなにも哀しい方、哀しい方へ進んでしまう運命なだったんだろう、あそこで違う道を進んでいたら、二人は幸せになっていたのではないか?と思う場面がたくさんありました。

ムヨンにとって、ジンガンは一筋の光のような存在で、怪物と呼ばれた彼が、最後は人間らしさを取り戻せたことが何より救いでした。

サッドエンディングですが、哀しい中にも美しさがある、独特の世界観を放つドラマです。

韓国ドラマ「空から降る一億の星」は、U-NEXTで絶賛配信中です。

気になった方は是非チェックしてみて下さいね♪